Chargepoint EV充電ステーション:
Qt WebAssemblyで開発を加速


4F - Hall C 29.11.2019 13:00 - 14:00

Bookmark and Share

Matthew Hungerford 様
Matthew Hungerford 様
ChargePoint

大規模な組み込み機器は、そのサイズや可用性が原因で、遠隔地のチームメイトや翻訳者、UXデザイナー、経営者層、プロダクトマネジメント、さらには各国に散らばるビジネスデベロッパー達と共有し、開発することが困難です。ChargePointはQt WebAssemblyを利用して、AWS S3をホストに充電ステーションUIのライブオンラインデモを提供することで、他チームによる迅速なUXレビューや、トレーニング目的、セールスが潜在顧客に提示するデモに利用できるようになっただけでなく、世界中のどこからでもアクセスできるようになりました。
今回の講演では更に、マルチプラットフォームC++バックエンドを伴う共有QML(WebAssembly、デスクトップ、組み込み)のほか、Qt WebAssemblyの制限とその回避策、QStateMachineによるシミュレーションシナリオ、Qt WebAssemblyのAWS S3静的ホスティング、ウィンドウランチャーによる正しいウィンドウサイズおよびポップアップウィンドウの指定といった内容にも触れる予定です。
ChargePoint EV充電ステーション WebAssemblyデモ:http://stationui-demo.charge-point.co